私の苦悩な1日を振り返って

コロナ渦で、私の職場も一変しました。私のやっている仕事は、飲食店の関連業者のため、飲食店同様に2度目の緊急事態宣言発令で、屈強に立たされています。人が減らされ、去年の12月から職場を私1人で廻している状況です。全体的な仕事量は減っているのですが、今まで3人でやっていたところを1人でやっているため、毎日がいっぱいいっぱいな状態です。毎日身体はくたくたになってしまいます。本部が新潟なのですが、本部からは応援もよこしてもらえないのです。要は、緊急事態宣言中の感染拡大している首都圏には来たくないというのが本音かと思います。12月は、何とか努力で何とかなったのですが、今月に入ってからだんだんきつくなってきました。私的にはもう辞めて楽になりたいのですが、コロナ渦で次の仕事がすぐに決まるか分からない状態では、不安で辞めるに辞められない負のスパイラルにはまっています。まだ給料が良ければ頑張れるのですが、給料も安く頑張れる要因がまったくないのです。テレビとかを見ていると、コロナで失業した人の多さや、自殺する人のニュースなどを見ると、まだ仕事があるだけマシなのかと思うと、辞められない感じです。それでも、毎日辛く働いてます。いくら働いても暮らしは一向に楽になりません。この状況を打破するために副業も考えてるんですが、何をやれば良いのかも分かりません。副業さえ出来ていれば今の仕事を辞めたとしても、収入がなくなることはないので、思い切って辞めることができる。今の仕事を嫌々やっているので、早く辞めるためにも副業をやっていきたいと考えています。実は、今日もきつく長い1日でした。1人でやれるキャパをもうとっくに越えているのです。春までには副業をやり始めて、早く心身ともに楽になりたいと考えてます。それと、コロナが早く治まれば状況も変わってくるのではとも思っています。早くこの状況を打破したいと考える今日この頃です。