自分と向き合った一日

今日は昨日からの猛吹雪のせいで、朝起きて外を見た瞬間ぐったり。。。
そう、北海道といえば[雪掻き]。我が家の夫さまは仕事の関係上起きてくるのが昼過ぎなので、いつものごとく私がやるしかないのだ。(たまには早く起きてやれよとは言いたいが言えない)と、いうことでまずご飯を作り子供に食べさせている間にとりあえず玄関先だけでもと頑張った。これで一息つける。子供の靴も埋まらず登校できるだろう。
無事子供を送り出し、コーヒーを飲みながらまったり。寒いとこからあったかい場所に来ると謎に眠くなる。膝に猫が乗ってきてポカポカうとうと。
気付いたら、もう10時!!!雪掻きせねば。コート着て手袋履いて、まずは自分の車を出せるようにしなくちゃ買い物にもいけない。しかし愕然。除雪車が置いて行った固くて重い雪がこんもりどっさり。見ただけで疲れる。ママさんダンプの出動だ。
自分の車まわりだけで1時間。仕事休みでよかった。うう。腰が痛い。
いったん休んで買い物に行こう。
しばらく買い物サボってたものだから、いろいろ買ったら重い重い。飲み物系はちょいちょい買い足さないと、一度の買い物の負担がドカーンとくるね。ああ腰が痛い。ビール重い。牛乳重い。ジュース重い。醤油とみりんも重い。重いけど買わないと。あああ腰が痛い。
玄関先で荷物を下ろし、一旦車を停めて買ったものを所定の場所に。冷蔵庫の近くに台がないからいちいち下から上に飲み物やら食材を。ああああ腰が痛い。
とりあえずお昼ごはん作ろう。夫さまにとっては朝ごはんか。朝の残りと、目玉焼きで良いや。面倒くさい。
終わったら、今度は夫さまの車周りの除雪だ。がんばれ自分。
外に出ると風が強い。はー。一気にやっちゃおう。そのとき...
『うっっ!!!!!』
......やってしまった。あかんやつや。
暫く間を置いて、そろり…そろり。
私は知っている。今はこの痛みだけに向き合わなければ将来終わるということを。腰よ。良い子だから。今からじっとするから。冷やしてあげるから。せめてリビングまで辿り着かせてくれ。

こうして、私の一日は腰の痛みと向き合うだけの一日となりました。
ちなみに、リビングまで辿り着き楽な姿勢になったのはよかったが、トイレに寄って行けば良かったと後で後悔したのでした。